東方神起

東方神起

東方神起

東方神起 “日本進出当時つらかった”トークショーで語る

アジアで高い人気を博しているグループ東方神起がトークショーに出演し、日本活動で経験した“苦労”を語った。東方神起は15日、SBS公開ホー ルで行われた<ザ・スターショー>に出演し、4時間に渡りこれまで経験した“喜怒哀楽”を告白した。東方神起は、「2005年初めに日本に進出したと き、メンバーみなが精神面で辛い思いをした。韓国語で活動してきた時とは状況も変わり、毎日孤立したような気分でとても辛かった」と話した。メンバーたち は、日本に進出した当時、約3か月に渡り宿所で生活しながら日本語の勉強と活動計画を立てるのに没頭したという。その当時、韓国で最高の人気を博していた だけに韓国の地を離れて活動する寂しさは大きかったという。東方神起は、「メンバーたちが、ベランダに出て鳥と会話をするほど精神的に追い詰められて いた。チャンミンは、スリッパを携帯電話の代わりにして通話していた」と冗談を言ったりもした。続けて、新人の気持ちで日本活動を行ってきたため、今日の ような結果につながったのだと話した。東方神起は日本アリーナツアーを成功させ高い人気を博している。この日のトークショーでは、日本進出の過程に加 え練習生時代のエピソードなど、たくさんの話しを披露し楽しい時間を過ごした。

5月19日12時2分配信 WoW!Korea

東方神起、さいたまスーパーアリーナでライブ「次はドームで」

韓国の男性5人組グループ、東方神起が5日、初のアリーナツアーの最終地となるさいたまスーパーアリーナでライブを行った。

開演前の取材では、先月発売した新曲「Beautiful you/千年恋歌」がオリコン初登場1位を記録したことについて、ジュンス(21)が「皆さ んの熱い応援と愛があったおかげ。これからも応えたい」と意欲を見せると、ユンホ(22)も「できればドームでやりたい!」と飛躍を誓った。

ライブでは、約1万5000人のファンを前に、新曲や代表曲「Purple Line」など23曲を激しいダンスで披露、会場を沸かせた。

ツアーは全国8都市17公演で15万人を動員。6日に同所で最終日を迎え、アジアツアーとして10日に台湾公演、31日に中国公演を行う。

5月6日8時1分配信 サンケイスポーツ

東方神起、ファンとの“遊園地招待”公約に意欲

最新シングル「Beautiful you/千年恋歌」が5/5付オリコン週間シングルランキング初登場1位を記録した韓国の5人組男性グループの東方神起が5日(月)、初のアリーナツアー 『東方神起 3rd LIVE TOUR 2008 ~T~』の最終地となるさいたまスーパーアリーナ公演前に取材に応じた。1位を獲得した際には「遊園地を貸しきってファンを招待する」という公約を掲げて いたメンバーは「まだ何も決まってないんですけれど、事務所に相談したい」(ユンホ)と前向きな姿勢をみせた。

アジア・アーティストによる2作目の1位獲得は、欧陽菲菲に次ぐ24年5か月ぶりの快挙。これに対しジュンスは「信じられなかった。みなさんの熱い応援 と愛があったおかげ。それにこれからも応えたい」とさらなる高みを目指す事を約束した。さらに遊園地招待の公約にジェジュンは「場所的に問題があるかもし れないけれど、やりたいです」と関係者に目で訴え、今後の目標についてメンバーは「できればドームでもやりたい」(ユンホ)「ゲリラツアーもやりたいで す」(ユチョン)とそれぞれ思いを馳せていた。

8都市を回ったアリーナツアーも明日6日(火)に同所で行う公演でラスト。その後は10日(土)にアジアツアー台湾公演、31日(土)に中国公演が控えている多忙ぶりで、3作目の1位獲得・単独アジア1位獲得へ向けて順調なスタートが切れそうだ。

5月5日15時32分配信 オリコン

<東方神起>ヨン様ドラマ主題歌収録シングルがデーリー1位 アジアグループ初の2連覇快挙目前

22日付けのオリコンデーリーランキングによると、韓国のダンスボーカルグループ「東方神起」が23日に発売したシングル「Beautiful you/千年恋歌」が、2位の℃-ute、3位のリュ・シウォンらに圧倒的な差を付けデーリー1位を獲得。1月に発売した前作のシングル「Purple Line」で、日本を除くアジアのグループとして初のオリコン週間ランキング1位を獲得した彼らが、前代未聞の2連覇に向け勢いを加速する。

新曲「Beautiful you/千年恋歌」は両A面シングル。R&Bテーストの「Beautiful you」では、これまでにないアダルトな雰囲気のコーラスが重なり、4月で日本デビュー4年目を迎えた彼らの成長がうかがえる一作に仕上がっている。

ピアノのイントロが印象的な「千年恋歌」は、NHK総合で放送中の、韓国人俳優ペ・ヨンジュンさん主演のドラマ「太王四神記」の主題歌としてドラマを盛 り上げる。楽曲は映画「風の谷のナウシカ」や「崖の上のポニョ」など、宮崎駿作品の曲を制作した久石譲さんがドラマのために書き下ろした壮大なスケールを 感じる作品。歌詞では「♪たとえ身体消える日も この想いは消えない」と高句麗の時代を描いたドラマの映像が浮かぶ切ない歌声が心を打つ。

東方神起は現在、3度目の日本ツアー中。3月から始まった初のアリーナツアーは、横浜・大阪・広島などをまわり、5月6日の最終公演「さいたまスーパー アリーナ」までの17公演で約15万人を動員する。ツアー後は、7月26日からスタートする、エイベックス主催の夏の野外イベント「a-nation」の 8公演全てに出演を予定している。

4月24日19時51分配信 毎日新聞
全記事表示リンク
最新記事

オレンジアド
リンクEXC